TOPICS

 
TOPICS

New!
2017年01月31日

生え始めからのケアで赤ちゃんの歯を守ろう!

◆おすすめ新商品◆ 口腔ケア「レクチノーラル」

 
生後6〜7ヶ月ごろになると生え始めてくる赤ちゃんの乳歯。
まだ生え始めだから、いずれ永久歯になるから…と、つい後回しにしていませんか?
でも、ケアは生え始めが始めどき。
  乳歯のケアを怠り虫歯になると、将来生えてくる永久歯に影響することも。
早いうちから少しずつ慣れさせていけば、歯磨きの習慣づけもスムーズです。
 

 

乳歯ケアが大事な理由

 
①乳歯は虫歯になりやすい永久歯に比べてエナメル質が薄い乳歯は、酸に対する抵抗力が弱く、虫歯になりやすいんです。歯が痛くても赤ちゃんはうまく伝えられません。
ママも気づかず、いつも間にか症状が進んでしまうことも。 
 
 
②乳歯の状態は永久歯に関係する乳歯が虫歯になると、歯茎の中にある永久歯にも虫歯が感染したり、抜いた後に生えてくる永久歯のスペースが狭くなり、歯並びが悪くなったりする可能性があります。 
 
 
③乳歯ケアで歯磨きをする習慣が身につく赤ちゃんが自分で磨く歯磨きは、まずブラシがお口に入ることを受け入れることから始まります。早い時期から少しずつ慣れさせることで、歯磨きの習慣をスムーズに身につけさせましょう。  オーラルケア、特に歯のお手入れは赤ちゃんに身につけなくてはならない大事な生活習慣の一つ。
赤ちゃんのためにも、生え始めたらすぐに親子で乳歯ケアを始めましょう!  
 
 
◆おすすめ新商品◆   
口腔ケア「レクチノーラル」
 

 

60本 1,800円 (税別)  15本 600円 (税別) 
 

レクチノーラルは、海松から抽出した「ミルレクチン」が主成分。
虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルム(細菌の膜)が、
歯の表面に付着するのを抑え、口内環境を健やかに整えてくれます。 

日頃から虫歯や歯周病のケアをしたい方をはじめ、口内細菌が気になる妊娠中のママ、歯みがき習慣を身に付けたいお子さま、カラダに負担なくお口のケアをしたいご高齢の方まで、幅広い世代の方々におすすめ。

寝たままでもできるから、小さなお子様の歯磨きやご高齢の方に◎ 
毎日の口腔ケアの習慣として継続してお使いいただくことでより高い効果が期待できます。  
 
 

 

 

2017年1月30日
生え始めからのケアで赤ちゃんの歯を守ろう!

 
2017年1月17日
子育て情報サイト「マーミー」に、沐浴剤が紹介されました。

2016年10月25日
赤ちゃんの寝ぐずり、夜泣きにも効果的「シュガーリング」しましょ。

2016年8月31日
FQ JAPAN DIGESTで、イクメンパパ3名の方たちと座談会を開催しました。